多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰




多忙とは怠け者の遁辞である
今日なすべきことを 今日しなかったら
明日は必ず多忙である

徳富 蘇峰


調べれば調べるほど、興味深い人物です。


たくさんのペンネームもあります。

菅原 正敬
大江 逸
大江 逸郎
山王草主人
頑蘇老人
蘇峰学人



言行録から、

「図に乗ってナポレオンや今川義元や秀吉のようになってはいけない。
引き際が大切なのである。」



与謝野晶子は、蘇峰について2首の短歌を詠んでいるとか。

・わが国のいにしへを説き七十路(ななそじ)す 未来のために百歳もせよ

・高山のあそは燃ゆれど白雪を 置くかしこさよ先生の髪



ようやく、最近になって、一期一会がわかってきました。





『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。






同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事画像
地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸
京都守護職を拝命した会津藩の家訓
吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん)
吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥
2つあるという吉田松陰の辞世の句とは
島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜)
同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事
 地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸 (2013-09-30 06:19)
 京都守護職を拝命した会津藩の家訓 (2013-02-11 12:00)
 吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん) (2013-02-05 06:00)
 吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥ (2013-02-04 06:00)
 2つあるという吉田松陰の辞世の句とは (2013-02-02 07:00)
 島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜) (2013-01-30 08:00)

Posted by しまふく at 2013年10月09日12:00 │八重の桜 感想
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく