吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥




至誠にして動かざるものは、未だこれあらざるなり


処刑の前に、声を振り絞って訴える、吉田松陰(小栗旬)の言葉が
印象的でした。

私心のない訴えは人を動かすことができるわけです。





日本を思い、世界を見つめていた吉田松陰こと寅次郎。その思いは最後の最後まで途絶えることなく、「留魂録(りゅうこんろく)」にしたためられます。その強い思いを受け取った覚馬は、大胆な行動に出ます。今、国は一つとなって何をなさねばならないかを考え抜くのです



『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。



万葉集にも詠まれた椿のイラスト、花言葉




同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事画像
多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰
地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸
京都守護職を拝命した会津藩の家訓
吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん)
2つあるという吉田松陰の辞世の句とは
島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜)
同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事
 多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰 (2013-10-09 12:00)
 地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸 (2013-09-30 06:19)
 京都守護職を拝命した会津藩の家訓 (2013-02-11 12:00)
 吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん) (2013-02-05 06:00)
 2つあるという吉田松陰の辞世の句とは (2013-02-02 07:00)
 島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜) (2013-01-30 08:00)

Posted by しまふく at 2013年02月04日06:00 │八重の桜 感想
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく