吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん)



時代の流れに、一人で立ち向かうことがどんなに困難な時代だったか、
想像するだけで、押しつぶされそうに感じます。

同志の死を知った、覚馬がどれだけ悲しんだことか、




再掲です。


山本覚馬(西島秀俊)
9歳で藩校・日新館に学び、武士の表芸である弓馬刀槍の奥義を極める。洋式砲術の研究のため、22歳で江戸に出て兵学者・佐久間象山の塾に学んだ後、会津で蘭学所を開設。1862 (文久2)年、京都守護職に就任した藩主・松平容保に従い上洛、洋学所を開設し、会津藩士だけでなく諸藩士や新選組にも洋式砲術を教授する。長州と戦った「禁門の変」では砲兵隊を率いて勲功を挙げるが、負傷し、後に失明する。鳥羽・伏見の戦いで薩摩軍に捕らえられる。幽閉中に新国家の青写真を描いた「管見」を新政府に建白、岩倉具視、西郷隆盛たちから高く評価される。



『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。







同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事画像
多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰
地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸
京都守護職を拝命した会津藩の家訓
吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥
2つあるという吉田松陰の辞世の句とは
島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜)
同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事
 多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰 (2013-10-09 12:00)
 地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸 (2013-09-30 06:19)
 京都守護職を拝命した会津藩の家訓 (2013-02-11 12:00)
 吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥ (2013-02-04 06:00)
 2つあるという吉田松陰の辞世の句とは (2013-02-02 07:00)
 島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜) (2013-01-30 08:00)

Posted by しまふく at 2013年02月05日06:00 │八重の桜 感想
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく