藤沢周平『三屋清左衛門残日録』

藤沢周平『三屋清左衛門残日録』


藤沢周平さんの作品には

独特の雰囲気がありますよね。



以下は、


富士ゼロックス元会長で経済同友会の代表幹事も務めた
小林陽太郎氏の書評です。


しかし、読者はこの作品を読みながら、清左衛門の人生に、
もしかしたら自分にも同じような状況が訪れるかもしれない、と
感じるのである。

また、藤沢作品の世界に入っていきやすいのは、藤沢さんが
作り出す架空の世界が、読者に、どこかで見たような懐かしい情景を
思い起こさせるからではないだろうか。





無料イラストのClipartLogoから
http://jp.clipartlogo.com/free/edo-period.html


  


万俵家の華麗なる一族 山崎豊子

キムタクの主演TVもあったわけですが、

先月、

はじめて、読みました。

やっぱり、

最後の場面は、ちょっと









業界ランク第10位の阪神銀行頭取、万俵大介は、

都市銀行再編の動きを前にして、

上位銀行への吸収合併を阻止するため必死である。

長女一子の夫である大蔵省主計局次長を通じ、

上位銀行の経営内容を極秘裏に入手、小が大を喰う企みを画策するが、

その裏で、阪神特殊鋼の専務である長男鉄平からの融資依頼をなぜか冷たく拒否する。

不気味で巨大な権力機構〈銀行〉を徹底的に取材した力作。







  


マキアヴェッリ語録 塩野七生

塩野七生さん


七海ではなくて 七生なんですね。


Wikiで調べると、


たしかに、7月7日生まれで、


名前の「七生」は、7月7日生まれであることに由来とか。



なるほど。



ところで、


またぞや、読書熱がでてきて、


選ぶ本となると、


決まってきます。



好きな作家はかわらないということか、‥







  


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく