藤沢周平『三屋清左衛門残日録』

藤沢周平『三屋清左衛門残日録』


藤沢周平さんの作品には

独特の雰囲気がありますよね。



以下は、


富士ゼロックス元会長で経済同友会の代表幹事も務めた
小林陽太郎氏の書評です。


しかし、読者はこの作品を読みながら、清左衛門の人生に、
もしかしたら自分にも同じような状況が訪れるかもしれない、と
感じるのである。

また、藤沢作品の世界に入っていきやすいのは、藤沢さんが
作り出す架空の世界が、読者に、どこかで見たような懐かしい情景を
思い起こさせるからではないだろうか。





無料イラストのClipartLogoから
http://jp.clipartlogo.com/free/edo-period.html





同じカテゴリー(おすすめ読書)の記事画像
万俵家の華麗なる一族 山崎豊子
マキアヴェッリ語録 塩野七生
同じカテゴリー(おすすめ読書)の記事
 万俵家の華麗なる一族 山崎豊子 (2015-11-01 15:37)
 マキアヴェッリ語録 塩野七生 (2015-10-31 07:09)

Posted by しまふく at 2015年11月07日18:44 │おすすめ読書
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく