万俵家の華麗なる一族 山崎豊子

キムタクの主演TVもあったわけですが、

先月、

はじめて、読みました。

やっぱり、

最後の場面は、ちょっと









業界ランク第10位の阪神銀行頭取、万俵大介は、

都市銀行再編の動きを前にして、

上位銀行への吸収合併を阻止するため必死である。

長女一子の夫である大蔵省主計局次長を通じ、

上位銀行の経営内容を極秘裏に入手、小が大を喰う企みを画策するが、

その裏で、阪神特殊鋼の専務である長男鉄平からの融資依頼をなぜか冷たく拒否する。

不気味で巨大な権力機構〈銀行〉を徹底的に取材した力作。










同じカテゴリー(おすすめ読書)の記事画像
藤沢周平『三屋清左衛門残日録』
マキアヴェッリ語録 塩野七生
同じカテゴリー(おすすめ読書)の記事
 藤沢周平『三屋清左衛門残日録』 (2015-11-07 18:44)
 マキアヴェッリ語録 塩野七生 (2015-10-31 07:09)

Posted by しまふく at 2015年11月01日15:37 │おすすめ読書
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく