カール・レーマンと山本覚馬(演:西島秀俊)(第17回)






少し、視聴率が下がってきたようですね、
4月28日放送の「長崎からの贈り物」は 13.7%

この時代の話は演出が難しいようです。


さて、

山本覚馬(演:西島秀俊)新式銃の大量買い付けに応じた
カール・ウィルヘルム・ハインリヒ・レーマンは、
ドイツの造船技術者、貿易商人。
レーマン・ハルトマン商会経営者。
プロイセン王国・オルデンブルク出身。

妻は日本人女性・おとき。弟にルドルフ・レーマン。
娘にルイーズ・シャルロット・オトキ・レーマン(1864年生)。
武器商人であり、日本の近代化に大きな役割を果たした。


山本八重の愛用のスペンサー銃は、
レーマンから譲り受けたものとのこと。

1867年5月4日(慶応3年4月1日)、山本覚馬から
1300挺(うち300挺は桑名藩の分)の小銃の注文を受け、
日本に在庫のあった300挺を引き渡した。

1869年8月6日(明治2年6月29日)に神戸に残りの銃が
到着したが、既に戊辰戦争は終わっていた。
1870年4月(明治3年3月)、先に渡した300挺の
小銃の代金が未払いだとして会津藩に対し訴訟を起こしたが、
レーマン死後の1878年に訴えが取り下げられた。


『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。





同じカテゴリー(八重の桜 あらすじ)の記事画像
東京・表参道にあった大山巌の私邸
八重、大山巌(反町隆史)と腕相撲
新島襄の「自責の杖」
新島襄が贈った言葉、大人ならんと欲せば自ら大人と思うなかれ
豊岡市出石町にある川崎尚之助供養之碑
松平容保の願い、向陽處
同じカテゴリー(八重の桜 あらすじ)の記事
 最終回(50)、いつの日も花は咲く (2013-12-15 19:31)
 東京・表参道にあった大山巌の私邸 (2013-10-28 20:00)
 八重、大山巌(反町隆史)と腕相撲 (2013-10-27 21:11)
 新島襄の「自責の杖」 (2013-10-08 10:00)
 新島襄が贈った言葉、大人ならんと欲せば自ら大人と思うなかれ (2013-10-07 10:00)
 豊岡市出石町にある川崎尚之助供養之碑 (2013-09-02 07:25)

Posted by しまふく at 2013年05月01日18:29 │八重の桜 あらすじ
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく