京都守護職を拝命した会津藩の家訓





会津の運命を左右する「京都守護職拝命」。
家臣たちはなんとか阻止しようと、皆必死! 会津を思い、
容保に何度も京都守護職の辞退を訴える頼母の言葉からは、
このお役目がいかに大変なことか伝わってきます。

緊迫した空気の中、松平容保の出した結論とは…? 



名優・西田敏行さんと、容保役を全身全霊で演じている
綾野剛さんの演技は、たしかに、必見です!





第一箇条
「大君の義、一心大切に忠勤を存すべく、
列国の例を以て自ら処るべからず、若し二心を懐かば、
則ち我が子孫にあらず、面々決して従うべからず」

この家訓を作ったのは、保科正之です。


保科 正之(ほしな まさゆき)は、江戸時代初期の大名。
会津松平家初代。信濃高遠藩主、出羽山形藩主を経て、
陸奥会津藩初代藩主。江戸幕府第3代将軍徳川家光の異母弟で、
家光と4代将軍家綱を輔佐し、幕閣に重きをなした。




『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。






同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事画像
多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰
地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸
吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん)
吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥
2つあるという吉田松陰の辞世の句とは
島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜)
同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事
 多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰 (2013-10-09 12:00)
 地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸 (2013-09-30 06:19)
 吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん) (2013-02-05 06:00)
 吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥ (2013-02-04 06:00)
 2つあるという吉田松陰の辞世の句とは (2013-02-02 07:00)
 島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜) (2013-01-30 08:00)

Posted by しまふく at 2013年02月11日12:00 │八重の桜 感想
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく