地下鉄丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸




JR京都駅から地下鉄に乗り換えて、
丸太町駅から徒歩3分の新島旧邸


京都の町は、その場所が、地名でおおよそ見当がつきます。
1年程度、住んでいればですが‥

さて

八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、
女子教育の場となる同志社女学校が誕生した。

しかし開校後まもなく、リツ(大後寿々花)という名の
薩摩出身の女学生が結核にかかってしまう。

 八重はリツを自分の家に移して献身的に看病をするが、
10年前の会津戦争で父を亡くしたリツは八重をかたくなに拒む。

八重は自分の過去を責めて落ち込むが、あきらめずにリツを看護し続ける。
その結果、2人は互いの心の内をさらけ出し合って打ち解け、
リツの容体も安定していく。

 一方、覚馬(西島秀俊)は同志社女学校の新校舎の土地を手に入れるため、
京都府顧問の職を退任。新しい学校づくりへ向けて、襄たちと共に動き出す。






『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。






同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事画像
多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰
京都守護職を拝命した会津藩の家訓
吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん)
吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥
2つあるという吉田松陰の辞世の句とは
島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜)
同じカテゴリー(八重の桜 感想)の記事
 多忙とは怠け者の遁辞、徳富 蘇峰 (2013-10-09 12:00)
 京都守護職を拝命した会津藩の家訓 (2013-02-11 12:00)
 吉田松陰の処刑を手紙で知り、悲しむ覚馬(西島秀俊さん) (2013-02-05 06:00)
 吉田松陰の言葉、「至誠にして動かざるものは‥ (2013-02-04 06:00)
 2つあるという吉田松陰の辞世の句とは (2013-02-02 07:00)
 島津斉彬を演じる林与一さん(八重の桜) (2013-01-30 08:00)

Posted by しまふく at 2013年09月30日06:19 │八重の桜 感想
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく