明日の八重の桜は、第10回、新選組の「池田屋事件」




親友の時尾(貫地谷しほり)が照姫(稲森いずみ)の
右筆として城に上がることになり、八重(綾瀬はるか)は
時尾としばらく会えなくなることを寂しく思っていた。

その後、残された八重には縁談が持ち込まれる。
しかし、八重は尚之助(長谷川博己)と共に
新式洋銃の開発に明け暮れていた。

 そのころ都では、新選組の暴発により
池田屋で事件が勃発。会津にいる頼母(西田敏行)は、
会津を守るためには兵力を増すしかないと考え、
官兵衛(中村獅童)に京に行くよう命じる。

しかし、事態は頼母らの予想を上回る早さで展開していき…。





『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。





同じカテゴリー(八重の桜 あらすじ)の記事画像
東京・表参道にあった大山巌の私邸
八重、大山巌(反町隆史)と腕相撲
新島襄の「自責の杖」
新島襄が贈った言葉、大人ならんと欲せば自ら大人と思うなかれ
豊岡市出石町にある川崎尚之助供養之碑
松平容保の願い、向陽處
同じカテゴリー(八重の桜 あらすじ)の記事
 最終回(50)、いつの日も花は咲く (2013-12-15 19:31)
 東京・表参道にあった大山巌の私邸 (2013-10-28 20:00)
 八重、大山巌(反町隆史)と腕相撲 (2013-10-27 21:11)
 新島襄の「自責の杖」 (2013-10-08 10:00)
 新島襄が贈った言葉、大人ならんと欲せば自ら大人と思うなかれ (2013-10-07 10:00)
 豊岡市出石町にある川崎尚之助供養之碑 (2013-09-02 07:25)

Posted by しまふく at 2013年03月09日07:42 │八重の桜 あらすじ
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく