新選組局長役(近藤 勇)、神尾 佑さんは福島県いわき市出身





新選組局長、神尾 佑さんは福島県いわき市出身なんでんすね、

神尾 佑(かみお ゆう、1970年3月16日 - )さんは、
福島県いわき市出身。宮津ルーム(未遊プロジェクト)に
所属していたが、2012年からヒラタオフィス所属となった。

以前の芸名は「鈴木ユウジ」、2006年1月頃から
「鈴木ゆうじ」と表記を変更。2007年8月に「神尾佑」と改名。



近藤 勇(こんどう いさみ)は、江戸時代末期の武士。
新選組局長を務め後に幕臣に取り立てられた。
勇は通称、諱は昌宜(まさよし)。
慶応4年(1868年)からは大久保剛、
のちに大久保大和。家紋は丸に三つ引。

新選組局長。武蔵・多摩郡の農家に生まれ、
天然理心流試衛館の近藤周助の養子となる。

1863(文久3)年、幕府が招集した浪士組に参加。
会津が京都守護職の役目を幕府から命じられると、
その配下となって新選組を結成。

京の治安維持に努め、倒幕派の弾圧にあたる。
負傷中のため、「鳥羽・伏見の戦い」には参加せず、
副長の土方が指揮を執った。

その後、江戸で甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)を組織し、
新政府軍と戦う。





『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。






同じカテゴリー(八重の桜 あらすじ)の記事画像
東京・表参道にあった大山巌の私邸
八重、大山巌(反町隆史)と腕相撲
新島襄の「自責の杖」
新島襄が贈った言葉、大人ならんと欲せば自ら大人と思うなかれ
豊岡市出石町にある川崎尚之助供養之碑
松平容保の願い、向陽處
同じカテゴリー(八重の桜 あらすじ)の記事
 最終回(50)、いつの日も花は咲く (2013-12-15 19:31)
 東京・表参道にあった大山巌の私邸 (2013-10-28 20:00)
 八重、大山巌(反町隆史)と腕相撲 (2013-10-27 21:11)
 新島襄の「自責の杖」 (2013-10-08 10:00)
 新島襄が贈った言葉、大人ならんと欲せば自ら大人と思うなかれ (2013-10-07 10:00)
 豊岡市出石町にある川崎尚之助供養之碑 (2013-09-02 07:25)

Posted by しまふく at 2013年03月07日05:58 │八重の桜 あらすじ
Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく