八重、大山巌(反町隆史)と腕相撲





第43回:鹿鳴館の華


襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と共に、
同志社大学の設立を陳情するため
東京の勝海舟(生瀬勝久)のもとを訪ねた。

 その帰りに八重たちは、山川家に立ち寄ることに。
そこには、旧薩摩藩士の陸軍中将・大山巌(反町隆史)が、
長期アメリカ留学から帰国したばかりの山川家の末娘・
捨松(水原希子)を嫁にほしいと日参していた。




大山巌は薩摩藩士・大山彦八の次男。
西郷隆盛の従兄弟。

薩英戦争で彼我の実力差に衝撃を受け、
江川塾にて砲術を学ぶ。

鳥羽・伏見の戦いで薩摩軍二番砲隊を指揮して戦い、
会津戦争で右股を撃たれ負傷。
この狙撃は、八重であったともいわれている。

維新後、日本人初の近代火砲を発明、
「弥助砲」と呼ばれる。後に、日本初の女子留学生であり、
山川家の末子・捨松(咲)と再婚、
元薩摩藩士との結婚は、会津で物議を醸すことになる。
後年、日露戦争でも大役を果たす。




『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。



  


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく