尊皇攘夷派の活動家、宮部 鼎蔵(演:宮内敦士さん)





宮部 鼎蔵(みやべ ていぞう、文政3年(1820年)4月
- 元治元年6月5日(1864年7月8日))は日本の武士・熊本藩士、
尊皇攘夷派の活動家である。鼎三とも。諱は増実。号は田城。
贈正四位。養父に宮部増美、実弟に宮部春蔵がいる。


文久3年(1863年)に起きた八月十八日の政変で、
長州藩が京より追放されると宮部も長州藩へ去るが、
元治元年(1864年)には再び京都へ潜伏しており、
古高俊太郎のところに寄宿する。

元治元年(1864年)6月5日 池田屋で会合中に
新選組に襲撃され、奮戦するが自刃する(池田屋事件)。
享年45。明治24年(1891年)に従四位を贈られている。


宮内 敦士(みやうち あつし、1969年7月8日 - )さんは、
埼玉県出身の俳優、声優。血液型はO型。身長177cm。
三木プロダクション、劇団夜想会所属。





『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。




  


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく