同志社創立者新島襄の妻、元祖ハンサムウーマン、新島八重






新島 八重(1845年12月1日 - 昭和7年(1932年)6月14日)は、
幕末から昭和初期の日本女性。同志社創立者の新島襄の
妻として知られる。旧姓は山本。

一部の手紙などでは「八重子」と署名してあることから、
史料によっては新島八重子と書かれる場合もある。

悪妻、烈婦、元祖ハンサムウーマンなどと呼ばれる
ほど明治の時代にあってエネルギッシュに生き、
皇族以外の女性としてはじめて政府より叙勲を受けた。



新島 八重が登場する作品
福本武久『会津おんな戦記』筑摩書房、1978年
福本武久『新島襄とその妻』新潮社、1978年
中村彰彦『修理さま 雪は』中央公論新社、2005年
藤本ひとみ『幕末銃姫伝』中央公論新社、2010年
蜂谷涼『月影の道―小説・新島八重』文藝春秋、2012年
早乙女貢『明治の兄妹 新島八重と山本覚馬』新人物往来社、2012年
山本むつみ『八重の桜』NHK出版、2012年



『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されている
NHK大河ドラマ第52作。

  


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく