佐久間象山を演じるのは奥田瑛二さん

奥田瑛二さん、味がでてきました。

第1回では佐久間象山の塾に山本覚馬(演:西島秀俊)が入門を
お願いしますが、最初は、あっさりと断られてしまいます。



佐久間 象山(さくま しょうざん(ぞうざん))は、
江戸時代後期の松代藩士、兵学者・朱子学者・思想家。松代三山の一人。

象山は松代藩の下級武士の出であり、若年期に経学と数学を学んだ。
とりわけ象山は数学に興味を示し、熱心に学んだ。
若年期に数学の素養を深く身に着けたことは、この後の彼の洋学吸収に大きく益した。

象山は兵学のみならず、西洋の学問そのものに大きな関心を寄せるようになる。
嘉永2年(1849年)に日本初の指示電信機による電信を行ったほか、
ガラスの製造や地震予知器の開発に成功し、更には牛痘種の導入も企図していた。
嘉永6年(1853年)にペリーが浦賀に来航した時も、象山は視察として浦賀の地を訪れている。





ちなにみ、後ろの人物は、勝麟太郎(演:生瀬勝久)です。


『八重の桜』は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作。


  


八重の桜  第1回「ならぬことはならぬ」の感想として…

八重の桜 第1回「ならぬことはならぬ」あらすじと感想

まず、テーマ曲が坂本龍一さんということで
とても気になっていましたが、
一昔前のNHK大河ドラマを思い出すような、少し、荘厳な感じの曲とでもいいましょうか‥

そして、
時代背景の比較から導入している点がおもしろかったですね。
アメリカの南北戦争の戦闘場面と戊申戦争を交互に映すあたり。

山本八重の子役の鈴木梨央ちゃんが活躍しました。

西郷頼母役の西田敏行さんに怒られる場面、好演でした。

あとは、フルキャストといった感じですね、

西島秀俊さん
綾野 剛さん
中村獅童さん

第2回が楽しみです。






  


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
しまふく
しまふく